レーザ光を照射して治療する

レーザー光を生体に照射すると、光熱反応によって深部に炭化(400℃以上)、蒸化(100℃以上)、血液凝固(68℃以上)、タンパク変性(40℃以下)の5つの層ができます。炭化からタンパク変性までの4つの層は細胞が生きていけない破壊反応の層です。活性化した層は細胞の生存閾値ないの活性化反応です。

破壊治療を高反応レベルレーザー治療、活性化の治療である低反応レベルレーザー治療とに分けられます。一つのレーザーでも波長を変えれば深さの違う層に照射できます。強くて細い光線は深い部分に弱くて広い光線は浅い部分というように使い分けられます。

弱くて広い光線はの治療は、色々な病気に使えます。皮膚潰瘍、浮腫だったり、肩こりにも使われます。前立腺肥大症、リウマチにも使うそうです。五十肩や顔面神経麻痺など使える範囲は非常に多岐に渡ります。口内炎や花粉症、不妊症の治療にも使えるというから驚きです。低反応レーザー治療は結構の改善や筋肉の緊張緩和、免疫力強化など、生体の活性化に効果が上がります。

コメントは受け付けていません。